資金繰りはいつもカツカツ・ギリギリの状態です

田舎街で小さいお店をやっています。お金が必要と感じる時は…常に。常時です(笑)

小さいながらもお店なので、家賃は結構高いですし、光熱費等維持費もそれなりに掛かります。

と言っても開業当初からすると、家賃は大分下げていただきましたが..

開業当初は売り上げもそれなりにあったのでぼちぼち潤っていましたが、5年目辺りから生活費にも事欠くようになってきました。

生活必需品ではなく趣味のし好品を取り扱っているので、流行が廃れるともう悲惨ですね。全盛期の半分以下の売上になりました。

そんな状態なので資金繰りは常にカツカツですが、取り分け苦しいのは、毎月25日にやってくる仕入れ代金の支払い日と、月末の家賃の支払いですね。

出費の中でも最大級の物が下旬にまとめてやってくるので、いつも20日過ぎは胃が痛くなります。

20日頃にはいくら不足するのか大体の目途を付くので、この辺りで割引セールをやって現金を作ります。

それでも足りない時は、サラリーマン時代に作ったクレジットカードのキャッシング枠がまだ生きているので、ここから足りない分を借り入れて補います。

カードのキャッシングは金利は高いですが、毎月1万円からの支払いで返済が出来るので結構助かります。

と言っても枠が塞がるともう使えなくなってしまうので、この手は毎月は使えません。それにあまり使いすぎると、次はクレジットカードの支払いが間に合わなくなることもありますし。

クレジットカード払えない

その場合は隣りの市のリサイクルショップに行って、在庫を売って来ます。

赤字ですが、背に腹は変えられません。

まあここまでの緊急事態はさすがに年に1回あるかないかですが…

仕入れの支払いを乗り切れば後は家賃ですが、大家さんはお店のすぐ隣で精肉店をされていて、優しい方なので、お願いすれば1週間ぐらいは待っていただけます。

開業した頃は家賃10万円だったのですが、少しずつ値下げして下さり、今は6万円とほぼ半額になました。

これでも足りなくなるとはなんとも情けない話ですが、無い時は仕方ないので平謝りでお願いします。

そんなこんなで毎月必死で遣り繰りしていますが、たまに大きい注文が入ったりと嬉しい事もあるので、やめられないですね。

長続きさせるために簡単な方法を選ぶ

インターネット上にはたくさんの美容法に関する情報が溢れています。

色々見ていくと、中には劇的な効果をもたらす美容法もありますが、お金がかかってしまったり、自己ケアでは難しいということもあります。

効果を得るためには、長く続けることが大事です。

そこで簡単に出来る美容方法を行い、習慣付けるようにしました。

その美容方法はお風呂に入っている時にマッサージをするというものです。

マッサージにも色々ありますが、リンパ節を意識するようにしています。

リンパ節に不要なものが集まるように、脇や足の付け根に向かって遠いところから近いところに向かって行うようにしています。

こうすることによって、リンパに乗って不要なものを排出しやすくすることができます。

またお風呂の中で行うということにも意味があります。
体が温まっているところで行うと体への負担も軽減させることができます。

手を使ってマッサージを行っていますが、お風呂の中と外ではかかる圧力も変わってきます。

お風呂の中であれば、そんなに力を入れていなくても、しっかりとマッサージをすることができます。

リンパマッサージを行った後には腕も足も軽くなったような気がしますし、どことなくスッキリした感じもあります。

お風呂に入った時に行うという習慣をつけておけば、わざわざマッサージをする時間を取る必要もありません。

お風呂に入ったついでに行うというのも、大事なことです。

お金もかからず、簡単で長続きをさせることが出来る方法というのもポイントが高いです。

マッサージをしながら同時にシートマスクを使うとよいです。

そうすることでお肌にもたっぷりと潤いを与えることが出来るようになります。

シートマスクを袋のまま浴槽の中につけ、ホットマスクにするとより効果が高くなります。

普通にシートマスクをするのもよいですが、ホットマスクにすることによって、美容成分がお肌の奥深くにまで浸透をするような感じがするので効果的です。

それと私が毎月欠かさずしているのは、ネイルです。ネイルに関してはどうしてもお金がかかってしまうんですが、こればっかりは仕方がないと思ってます。

自分好みのネイルにしたら、テンション上がりますよね。

爪って何気にいつも目に入るところなので、常に綺麗にしておくのがいいと思ってます。

でも、ネイルサロンって最近サロンが凄く多くて、どこに行けばいいのか悩みますよね。

やっぱり上手なところでしてもらいたいし。

そこで私が参考にしているのがこちらです。<ネイル高松

私は香川県高松市に住んでいるので、こちらのサイトを参考にしてお店を選んでいますよ。

明日もネイルの日なんですが、何のデザインにしてもらおうか考え中です(^^)/

未来の自分に先行投資

私の今までで一番大きな買い物は、エステの美顔と痩身です。

社会人2年目の24歳からボーナスを全額つぎこんでエステに通い始めました。

今は若さでごまかせているかもしれないけど、これからどんどん年をとっていけば老化して肌も衰えていくことは目に見えているので、少しでも老化のスピードを遅らせるための自己投資でした。

最初は値段も安めのライトなコースを選んでいましたが、エステティシャンの人のセールストークに流されたり、自分自身の美意識が高くなったりして、だんだんスペシャルなコースに変えていくようになりました。

それでもやっぱり、やっただけの効果はあると感じていたし、「私はこんなにお金をかけてエステでお手入れしている」という優越感のようなものがあり、将来の衰えに対する不安もなくなってきて自信がつくようになりました。

こうなると、もっと美容にお金をかけてもいいかなと思うようになり、痩身エステもやっていたこともあって、食事代をかなり節約していました。

家でも毎日ケアできるようにエステ専売の化粧品や美容器具も買ったりしたので、給料だけでは足りなくなってローンを何度か組みました。目を二重にしたかったので整形ローンを組んだこともありました。

でも、結局返済が大変になってきて、3年ぐらい経ったころにエステに通うのをやめました。

エステの料金は回数券を購入して支払う感じで、10回分が20万円ぐらいだったのであまり大きな金額を払っているという意識がなかったけど、3年分を合計すると数百万円もかかっていました。

形として物が残らないので、なんでこんなことに大金を使ってしまったんだろうと後悔していました。後から車が欲しいと思ったときや旅行に行きたいと思ったときに、エステに行ってなかったらお金があるのにと思ったりしました。

でも40歳を過ぎた今は、あの時お金をかけてエステに通っていてよかったと思います。当時の効果が今出ているかどうかはよくわかりませんが、私の肌と身体には数百万円かかっていると思いながら過ごしてきたことで、エステに行かなくなってからも自分なりに美意識をもって生きてきたので、同年代の人に比べたらかなり若々しいと自負しています。

この年になって焦ってエイジングケアにお金をかける必要もありませんでした。当時20代の私にとってはかなり大きな出費でしたが、40代の私のためには大きな意味のある出費でもありました。

 

住宅の増築は結構お金がかかった

私の家は建ってからかれこれ、約50年以上になります。今から、20年くらい前になりますが、当事は家の横は大きな古い倉庫がありました。その倉庫は車庫代りに家族で使っていたのですが、随分と古くなりまして、倒れるとまではいきませんが、それなりにかなりきていました。

その頃私は、結婚をきっかけに現在の妻と両親と話し合いまして、結婚して長男が生まれて、二階建てではありましたがどうしてもちょっと家族で暮らすには窮屈な思いをしていたんです。それで話し合った結果、別棟で家を建てて、前の家と行来できる増築タイプにしようということになりました。

その時の買い物が人生で一番大きくて、高い買い物でした。お金はけっこうかかってしまって、直後は税金が払えないくらい貧乏な時もありましたが。(※税金支払えない)建てると決まったら設計が大変だったのを覚えています。今は亡くなりましたが、生前父が四苦八苦しながら、設計 をしたのを覚えています。

なぜ四苦八苦かといいますと、実は私の母は、身体が不自由なものですから、母に合わせた家作りでないといけなかったんです。どう言ったところが大変かといいますと、母は、歩行が困難なものですから、全て座った状態の高さに合わせないといませんでした。

例えば、お風呂の蛇口などできるだけ低いものにしないといけなく、下から10センチくらいのところに取り付けました。他にも例えば前の家との行来する通路といいますか廊下なんですが、普通は人が立っている高さに、電気のスイッチがあると思うのですが、家の場合は違います。

やはり座った状態で触れる高さにしています。でないと母は、電気をつけることが出来ないのです。他の家族はちょっとやりにくいのですが、みんなしゃがんで操作しています。それで、新しい家には父と母が入ることにしたのですが家全体が床下がフラットなんです。

これもは母のために家族で話し合って決めました。勿論支払いはローンです。まだ完済しておりませんが、毎月2万円程支払っております。高い買い物でしたけど、両親が安心して暮らせる増築の家となったことが一番の喜びです。当事の大工さんには心か、感謝しています。

キャッシングと個人信用情報

注目

ネイルサロンのオーナーやってます(^^)/でも早速経営難・・・自分の貯金切り崩してなんとかやってます。従業員に迷惑かけれないし、まだまだがんばんなきゃな!

もしもの時のためにキャッシングのことを調べているので、同じような境遇の方のために・・・書き残しておきますね。

最近気になる「個人情報」!これについて調べてみましたよ。

キャッシングを利用したいと申し込みをした際に、金融業者は必ず申し込み本人の個人情報というものを確認します。この個人情報とはどのような事が書かれているのか、一体どのようなものであるの気になりますね。

カードローンやクレジットカードの申し込みを行なった時に、申し込み者にお金を貸しても大丈夫なのかどうかを見極めるために、金融業者は共通した登録機関に個人情報を照会します。

その内容とは、基本的なものとして名前や住所などの基本的なのはもちろんのこと、勤務先情報なども登録されています。そして、何よりも重要なのはその人が今まで利用をしていたクレジットカードの利用歴やローンの利用歴などが記載されています。

ここで返済に極端な遅れや滞納の記録が記載されていると、申し込み本人にはお金に関する管理能力が低く、貸しても返してくれないのではと信用度が低く捉えられてしまい、キャッシングの利用を断られてしまう可能性が高まってしまうのです。

個人の信用情報を登録している機関は現在3ヶ所あるのですが、どの機関で照会をしているのかは業者により違います。

また、登録内容もまとまった滞納などの記録は5年程度残り、自己破産などでは10年くらいは記載されているとも言います。その他にも、ローンなどの申し込みの有無や審査結果の可否なども登録されているということですから、あまり数多くの申し込みを行なっていると心証が悪くなるので注意が必要です。